ATAD steel structure corporation

品質方針及労働安全

顧客の要求を満たし、国内及び国際において鋼構造会社の中に品質及び依頼性が一番高いブランドを立てる目的として、品質方針はATADが一番気をつけるものです。

ATADは、設計、製造及び組立のプロセスの品質を保証するために、管理システムをISO 9001:2008, ISO 14001:2004, OHSAS 18001:2007の標準に基づいて標準化しました。管理システムの標準化はATADが最高品質がある製品製造プロセスを構築、実施、管理及び改善すること、ブランドを構築するプロセス、並びに建設工業において当社の依頼性を向上することに役立ちます。

また、顧客を満足させ、環境を守り、労働安全衛生を確保する方針で、ATAD鋼構造株式会社の社長は、「威信・思考・責任」の基礎に基づいて「品質・環境・安全」の方針を作成しました。

 

管理及び責任

– 安全・健康な環境は、ATADの組織と経営の不可欠なものとみなします。
この方針の作業環境内・外の要求及び条項を遵守します。

– 安全・健康な環境の管理システムを測定します。

作業環境

– 外部環境の事業活動への影響を最小化します。

– 従業員に安全な環境を維持し、必要な情報を提供及び教育を行います。

継続改新

– 実行を管理及び測定します。

-効果を向上するために、実施を推進します。

制御及び管理

-製品開発及び技術活動のプロセスの全てにHSEの規則を適用します。

-緊急な場合は、工場の正門で集中します。

-管理者から従業員まで方針を遵守することをすべて検査します。

予防情報

– 全員に安全・健康な環境方針についての情報を周知します。
– 緊急な場合、安全対策の各ステップについて全員に共有します。